遺言書を書く意味

一代限りのお墓樹木葬

都会に出てきて実家とは離れて暮らしている、子供がいないという家庭が少なくありません。実家から遠いと帰省することがあまりなく、お墓の面倒を見られません。お墓の世話をするために遠いところから実家に来ることを負担になっているのでは、と気にする親もいます。子供がいないとお墓の継承者がいなく、無縁仏となってしまいます。こういった理由から樹木葬を選ぶ人が増えています。ここがおすすめ樹木葬を見てみてください。

 

墓石の場合は代々受け継がれていきますが、樹木葬は一代限りのお墓です。木の下に骨を納めてそこの管理者が整備をするので、骨を納めたところが荒れてずに済みます。遠いところからお墓の世話をするために来る必要はありません。残された人の負担が減るし、負担をかけるのではという心配をすることもないです。一代限りのお墓なので継承者がいなくてもそのままずっとそこに骨を納めて木の成長を見守ることができます。
お墓の手入れの心配をすることなく安らかに眠ることができるのが樹木葬です。