遺言書を書く意味

案外見落としがちな注文住宅の窓の位置

注文住宅を建築する際に、その外装的部分には着目しても、住んでみた時の快適さや、長年住んでいくだけの耐久性についてはあまり考えを持たない方も多くおられます。最近はビルのようにシンプルで窓の多い家の形を好む方も多いですが、日本の寒暖差や陽射しによる室内の温度変化をきちんと考えないと、住み心地の悪い家になる事も多々あります。

 

窓などは大きな物をつけると金額がアップする事もありますし、必要な枚数を必要なだけつけるだけでも採光面ではむしろ問題がありません。特に、主寝室などは夜にしか使わない事もあり、プライバシーの面でも気になる事も多いと思いますので、なるべく小さな物をつける方が良いのです。気軽に問い合わせ川崎 工務店こちらをご覧ください。

 

 

一般的な住宅は、窓のつく位置などもほぼ同じになります。ですので、お隣同士の狭い日本では、主寝室などの居室部分が隣の家と鉢合わせの場所になる事も多いのです。せっかく注文住宅を建築するのならプライバシー配慮の為にも、なるべく視線を逃れる位置に窓を作ったり、窓自体を少なくするなどをしておくと、後々気になる事も少なく、思ったより快適かもしれません。