遺言書を書く意味

司法書士の筆記試験の難しさ

司法書士の資格を取得するためには、筆記試験と口述による試験に合格する事が基本的な条件になります。筆記試験に関しては、刑法や民法を始めとして11科目の法律に関する試験が出題されます。憲法や商法などのあらゆる法律の問題が出ますが、民事訴訟や不動産登記などの多岐に渡る法律の知識を得ておく事が求められます。
筆記試験の方式は選択式と記述式に分かれていて、午前と午後に分かれて長時間の試験を受ける事が特徴です。選択式の試験に関しては問題数が多い事を考えて、じっくりと文章を読んで正答を選んでいる暇は無い事を考慮して、速く答えを出す判断力も要求されます。
司法書士の試験は単に法律に関する正答を求めるだけではなくて、人と人との関係を理解する問題も出題されます。短時間で正答を出す為には知識だけではなくて、出題されている文章の内容を短時間で理解する事も求められます。複雑な人間などの関係を中心に出題される事が特徴で、困難な問題に対する万全の試験対策が重要です。
もしよろしければ群馬 司法書士で調べてみましょう。