紫外線とアンチエイジングの意外な関係

紫外線とアンチエイジングの意外な関係

よく強い日差しの下に長い時間立っていると体が疲れてしまうことがあります。その原因の一つは紫外線によるものです。紫外線が皮膚に当たると体は活性酸素を生成します。この活性酸素は疲労物質を体内に発生させる働きを有しており、それゆえに強い日差しは疲れを生じさせるのです。
また活性酸素は老化現象を引き起こすことでも知られている物質です。そのため紫外線対策はアンチエイジングと大きく関わりがあるのです。特に紫外線が作り出す活性酸素は肌に大きな影響を与えます。そのため外出時には紫外線をカットし、肌を守るための対策が必要です。簡単なのは日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりすることでしょう。
意外なことですが春先の太陽光には紫外線が多く含まれています。そのためこの時期の紫外線対策は非常に重要です。それほど暑くはないからといって春先の紫外線対策を怠ることなく、しっかりと行い、アンチエイジングを心がけるようにしましょう。