遺言書を書く意味

世界の海域で魚の大群の仲間入りができるスキューバダイビング

海の冒険ができるスキューバダイビングは、特別な資格が必要でハードルが高いとも感じますが、海の魅力を余すところなく知るには必要不可欠だといいます。日本近海の浅瀬、サンゴの海、赤道も近い熱帯の海、世界中の海はそれぞれに違った表情を見せます。魚の大群が自由に動き回る光景は、映像で見ただけでも凄いなと感動します。
スキューバダイビングで不思議だと思っていることがありました。大きなサメの大群の中に、スキューバダイビングの人が入り込んでいる映像についてです。サメは1匹だけでも凶暴なイメージがあるのに、数十匹もうようよといる中に入り込むだなんて。しかも凶暴というホオジロザメと並んで泳いでいる姿などもみたとき、本当に信じがたいものでした。悩む前にここ→伊豆 ダイビングにおまかせください。
海の中の常識は、海の外の常識とは随分異なっているのでしょうか。熱帯のサンゴの森の中で、色鮮やかな魚の大群に人がまみれていても、魚達はまったく人を恐れる様子も無かったりします。それは魚の種類が違っても同じことでした。やはり海の中での人間は、魚達から見ても人間ではなく、海洋生物の一つとして認識されてしまうのでしょう。海の中の魚の大群の中に入って、ぜひとも魚の仲間入りをしてみたいものです。