歯医者は待合室で待っているときが1番憂鬱

歯医者は待合室で待っているときが1番憂鬱

 歯医者に行ってから終えるまでどのタイミングが1番憂鬱かというと、それは治療を受けているときよりも治療を受ける前に待合室で待っているときが1番憂鬱です。それは「これから歯医者で治療するんだな」「今日はどんな治療をするんだろう」「痛くなければ良いな」ということをあれこれと考えてしまうからです。歯が痛いと思ったら幕張本郷 歯科へご連絡を

 

 私は子どものころから歯医者の待合室で待つことが苦手で、どうしてもそうしていろいろと考え込んでしまうクセがあります。名前を呼ばれて診察室に入り、実際に歯の治療を受けているときはそんなに嫌ではないのですが、待っているときはどうしても気分が沈んでしまうのです。それは私だけではなくて多くの人がそうなのかもしれませんが、私の場合特にそれが顕著にあらわれてしまいます。歯の治療は花見川区 歯科まで

 

 ですので、歯医者の待合室にいるときは、なるべく読書をしたり、携帯をチェックしたり、ゲームをしたりなど、治療のことをなるべく考えないようにし、少しでも気が紛れるように努力しています。歯のことなら花見川区 矯正歯科にお任せ